×

優秀な人材を企業に定着させる

男女混合

タレントマネジメントという言葉をご存知ですか。何となくは分かるけれど、説明するには難しい人が多いのではないでしょうか。タレントマネジメントとは、従業員のもっているスキルや能力を最大限に活かすための、人材配置や育成などの取り組みを行うことを言います。実はこれ、アメリカで生まれた考え方なのです。アメリカでは人材の流動性が高かったため、人材が企業に定着することが難しいという悩みがありました。そこで、優秀な人材を企業に定着させる手法として1990年代に考案されたのでした。アメリカではSHRM(全米人材マネジメント協会)とASTD(米国人材開発機構)の2つの人材マネジメント組織が存在します。タレントマネジメントは今の時代大変注目されているのです。

企業の成長のために行うのが目的

タレントマネジメントを利用する目的とは具体的に何でしょうか。タレントマネジメントの目的は、経営目標を達成するための経営戦力を、人事面から強化して実現させることにあります。対象となるのは、特定の人材の場合と全社員の場合のどちらもあり得ますが、目的は変わりません。そして、最も重要な目的となるのがリーダー候補を育成することです。経営目標を達成するためには、リーダーの存在はかなりポイントとなります。なぜタレントマネジメントを行うのか、その目的がはっきりしていないとなかなか上手くいかないので、しっかり目的の明確化をしましょう。実現できれば、事業や企業の成長につながります。日本でも人材が定着せず、伸び悩む企業もあるようなのでぜひ活用していきたいですね。

活用するときのポイント

タレントマネジメントには、まず目的を明確にすることが必要ということですが、その後は人材の能力を把握し、適材適所に配置して活用していきます。そこで管理者の出番です。管理者は、人材が能力を発揮できているかや能力は向上しているかなど随時チェックしていく必要があります。その結果により配置転換が必要ならば、すぐに実行していきます。嬉しいことに、タレントマネジメントを活用することでいくつかのメリットがあるのです。まず、活用することで人材の能力を十分に生かせる適材適所の人事配置を行うことで、仕事の効率があがりスピーディーに達成することができます。これはどの企業にも大切なことですよね。こうなることで、社員のモチベーションもアップすることでしょう。とても魅力的なタレントマネジメントですが、ただ導入しただけでは成功するとは限りません。基本的なことですが、社員のスキルを把握し、明確な人事配置と戦略的な育成により企業を成長する目的を忘れないようにすることが大切なのです。

広告募集中