×
HOME>アーカイブ>システムごとの仕組みやサービス内容を把握しよう

料金体系等を知る事が大切です

男性

経費等を申請するための紙媒体を廃止して業務の効率化を実現したい、承認される経路を見える化し決済作業の無駄を省きたい等という理由でワークフローシステムの導入に踏み切る企業が増えています。そのニーズの高まりを受け、ビジネスシーンにおけるシステムを提供する各社からワークフローシステムが次々と提供され多くの会社が働き方改革の第一歩を踏み出しています。ワークフローシステム選びの際には導入の際、あるいは月額コストが気になると事かと思います。一般的に、ワークフローシステムの月額料金体系は使用人数に料金を掛け合わせたものが1か月の料金になる場合が多いようです。また、導入の際の費用に関してもソフトを購入するタイプやクラウドタイプで導入コストがほぼ無いものまで様々です。

提供サービスの仕組みを知ろう

また、導入を考えているワークフローシステムの仕組みについて知る事も大切です。一般的なワークフローシステムは今まで紙媒体で行っていた物品を購入する際の承認作業等を全て電子化し、起票者や承認者等の複数のパソコンでそれをシェアし、最終決定した申請フォームをデータとして保管するという仕組みになります。そうした大まかな仕組みの他に提供サービスごとに、各種申請に対して承認者がコメントを付けられたり、海外とのやり取りを考慮し文章等を英語に変換出来る機能があったりします。

各社個性的なサービスも

また、各社ワークフローシステムを提供している会社には個性的なサービス内容も存在します。パソコン操作が苦手な人の為に従来の紙媒体のような操作方法で帳簿作成が出来たり、一定の人数までは月額料金が無料になるサービス等各社独自の色を打ち出しています。特に多いのがシステムの不調の際にいつでも問い合わせ出来たり、全国の拠点に事業所がありすぐに修理対応してくれる等といったアフターサポート体制を充実させている所です。料金体系やシステムの仕組み、サービス内容等を各種比較し最適なワークフローシステムを導入しましょう。

広告募集中